建替えのためのお祓いについて | 平屋’S LIFE(ヒラヤズライフ)

岐阜県(多治見・可児市)の平屋専門店
リフォームショップが提案する【平屋'S LIFE】
シンプル&無駄なく暮らす【平屋】という選択肢を応援します

アルファテックグループはSDGs認定企業です
採用情報はこちらへ
お知らせ
建替えのためのお祓いについて

「家の解体をするけどお祓いはした方が良いのだろうか。」「古い井戸が残っているけど、このまま埋めて良いものだろうか。」

思い入れが詰まった家を解体するのは、とても寂しいですよね。同時に、お祓いをした方が良いのかと考える方はとても多いです。長い年月を過ごした家には、魂が宿っているとも言われており、そのまま壊してしまったら、罰が当たってしまいそうです。

また、住んでいる期間が長ければ長いほど、簡単に捨てられないものも増えます。例えば、仏壇や神棚、潤井戸などは、どのように処理して良いのか迷います。

 

長い年月を経た家でも、同様に「気」や「魂」が宿ると言われています。良い魂もあれば、悪い魂もあります。解体工事の前に行なうお祓いは、長年お世話になった土地や家にお礼を言い、それらに宿った魂や気を抜くことが目的です。

お祓いは必ずやらなくてはいけないものではありません。費用面や時間面から、お祓いに対してあまり積極的でない方もいらっしゃいます。迷信や言い伝えを信じないという方は、無理にお祓いをする必要はありません。

ただ、「何だか悪いことが起こりそう」「気持ちの面で落ち着かない」と考えているのであれば、お祓いは省略せずに行なった方が良いでしょう。生きていれば、悪いことが起きたり、トラブルに巻き込まれることはあります。お祓いをしなかったからという因果関係はありませんが、「あの時、ちゃんとお祓いをしていたら」と後悔をする可能性はあります。

また、お祓いをしないことで不安になる方が、家族や親戚の中で一人でもいらっしゃるのであれば、その意見を尊重しましょう。お祓いをしておくことで、皆安心して解体工事が進められます。家族や親族などで、宗教観を含めて話し合い、実施するか否かを決定してください。

 

イベント情報へ
トップページ イベント情報モデルハウスを見るTOPへ
予約特典あり!イベント予約